スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T.ホークでEVO2014 (3日目)前編

・7月11日
僕が起床したのはお昼12時。
よっさんからのLINEで、「ゴウケンの人に負けたけどルーザーズでなんとかプールを抜ける事が出来た」という連絡を貰って一安心。
シャワーを浴びたのち、部屋を出てEVO会場へと向かう。

道中、英語が喋れる日本人たいつさんや、日本語が喋れる外人Antonの助けを借りて、なんとか自分の試合が行われるプール、C58へと辿り着く。
今回、僕はXboxのコントローラーを持ってきていなかった為、試合を終えたばかりのよっさんからアケコンを貸してもらう事にしました。
よっさんのアケコンはいわゆる「お三万コン」であり、凄まじい重量と共に抜群の安定感(主にレバー部分)があるので、投げキャラ使いとしてはとても使いやすいアケコンである。

やがて審判らしき人に呼ばれ、試合が始まる時が近付いた。
よっさんはプレイする際、いわゆる「床置き」でお三万コンを扱った様だが、素早く回す制度が必要とされる投げキャラでは、アケコンが固定されない床置きはどうも不安がある。
そこで僕が考えたプレイスタイルが・・・いわゆる「椅子置き」。
本来人間が座るはずの椅子にアケコンを置き、プレイヤー自身は地べたで膝立ちするという、ちょっとシュールな見た目を醸し出すやり方だ。
EVO会場の床が微妙に固いので膝にやたら負担がかかる事だけがマイナス。でもこれが一番しっくり来る様な気がした。
物は試しという事で、一回戦から椅子置きプレイで対戦してみようと試みた。

・一回戦 バイソン
EXダッシュ系の技にEXトマホで返せたり、ヘッドに対しキチンと二回転で反撃できたりと、普段と変わらないクオリティで対戦できた。椅子置き万歳!
横対戦でも問題なく回せたので出だしは順調である。

・二回戦 チュンリー
動画があるので、内容を見たい人はこちらをどうぞ↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23982504
対空がそれなりに出てた事と、確定場面でしっかり二回転を出せてたので結構いい内容の試合。
例のコンドルスパイア連打は僕の中に眠る大地の神が「やれ!」って言うから仕方なかったんです。

・三回戦 ケンか何か
何か胴着の人と対戦した様な記憶がある。
相手のキャラすら覚えてないのに内容とか覚えている訳も無く。

・四回戦 ジュリ
移動投げを多用してくるタイプの人だったので、もうバレてもいいやという気持ちで全力で回したら二回転がヒット。
横対戦でも当たるもんは当たるんだね・・・


ジュリを倒し、無事にプールをウィナーズで抜ける事が出来た。
次の僕の出番は3時間後の夕方6時である。

すぐさま会場の隣の部屋に行き、アクアパッツァの予選にエントリー。
この日はメイントーナメントでウル4、サイドトーナメントでアクアパッツァをやっていたので、その両方に僕は出ようと思っていたのだ。
空き時間に「アメリカでめっちゃ強いヒューゴー」にセスを被せられてドットまで追い込まれるもギリギリ勝利を掴んだミッセさんを応援しながら、僕はアクアパッツァの試合を淡々とこなしていく事に。

アクアパッツァの大会はモニターが2つあるのにも関わらず、1台進行で行われていた。
35人ぐらいの参加人数で、尚且つダブルイリミネーションのルールだったのでめちゃくちゃ時間がかかった。
あっという間に3時間が過ぎ、ウル4での僕の出番が近付いてきた。
アクアパッツァでの僕のトーナメントの進み具合はウィナーズファイナルぐらい。
とりあえず後で戻ってくる旨を伝えその場を後にした。
他のパッツァプレイヤーもスカルガールズとか参加してて大会後回しにしていたし仕方ないよね。


ウル4での次のプールはF49。
クウォーターファイナルと呼ばれるプールである。

・五回戦 殺意リュウ
「サムライリュウ」と呼ばれるスゴイ人らしい。
スゴイ人との対戦という事で配信台に呼ばれました。対戦内容はコチラ↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23983732
topangaBリーグの時に「小路さんは相手に気を遣って二回転当たりそうな場面でも様子見とかしててアカンかった」と、大阪のプレイヤーであるスコアさんとたれ蔵さんに散々言われていたので、今回はむしろ当たらなさそうな場所でも最速で回したるんや!と思って試合に挑みました。全部当たった。

・六回戦 ブランカ
ガン待ちしつつ、フェイクボタンもしっかり使ってくるかなりの強敵。
というかブランカ使いの時点で凄まじく強敵。
音プレイに釣られまくって、ローリングだと思って昇竜出したら何もしていなかったというパターンがかなりあった。
一本取られてもう無理だ・・・ってとこまで行ったけど、なんとか粘って逆転勝利をもぎ取った。
本当にキツかった。心臓止まるかと思った。

・七回戦 ローズ
PRログという、めっちゃ強いバイソン使い(最近は殺意リュウ)を倒して上がってきたローズ使い。
その名もFilipinoman。ダルシム使いのフィリピーノチャンプとは別人らしい。
ホークとの対戦経験がそんなに無かったっぽくて、とにかく小パンスパイア連打してたら倒せてた様な記憶がある。
最後は伝家の宝刀、EXスパイア弾抜け→二回転がローズの下中パンに刺さり勝利。
興奮しすぎて握手するのを忘れてしまい、kimにめっちゃ怒られた。ごめんなさい、反省してます。


これでクウォーターファイナルも何とか負け無しで抜ける事が出来た。
次はいよいよセミファイナル。後二回勝てば壇上確定である。
僕の次の対戦相手は日本人。sakoさんである。


今回の日記はここまで。
次回更新はT.ホークでEVO2014 (3日目)後編。
sakoさんとの試合から始まり、夜に行われたウル4のマネーマッチ、後は僕が絡んだウル4海外プレイヤーについて書いていこうと思います。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すぐにいい返事をもらうことができました!

知っておいて損はないはずです。
私は不幸な女として今まで生きてきました。
あるとき、有名な人と連絡をとる方法がわかりました。
ただでお金をもらえてしまって…本当にいい人に出会ってしまいました。
借金を一括で全額返済できるんです。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
もし知りたい人は、emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてください。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。