スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアパッツァ 環攻略その3 ver1.5A

みなさん明けましておめでとうございます。
相変わらず格ゲーはスパ4とアクアパッツァばっかりやってる。
今回はバージョンの変わったアクアパッツァについて書いていこうと思います。


アクアパッツァver1.5Aは新キャラを二人追加、それに伴い既存キャラの細かい調整が行われました。


・環
ムックを片手にトレモで通常技を調べて見たが、火力等の変更は見受けられず。(他のキャラは割と細かく変更されている)
バクステ、JB辺りが強化されたらしいけど、未だに違いが良く分かっていない。使わないし。


・由宇
今回のぶっちぎりNO.1注目新キャラ。
発生9F(!)と噂の脅威のハリセンと、起き攻めで重なってしまえば2回は安全に中下段を択れるというGペンの性能が凄まじい。
アシストというシステムの性質上、全キャラが由宇を選ぶ事ができるので対策は必須。
環自身も相性が非常にいいので、基本的にアシストは由宇一択になる。


・由宇の使い方
ハリセンがほぼ全てのC系統に確定なので、ガーキャン確定ポイントではバンバンハリセンを狙っていく。
コンボはハリセン→立ちC→Aアイアンで充分。
恐怖や各種アイアンの後にダメージを取りたい場合は、アクティブハリセンから上記のコンボで。
ジャーマンの後は補正がキツイので無理に狙わなくてもいい。

アイアン〆の後はGペンが重なる。
コマ投げを当てるネタもあるけど、一瞬様子見から立ちBでテンションを稼いでいくのがド安定。
環が赤くなれば勝利も近い。



・キャラ対策
基本的な対策は前の記事参照。
今回は相手側が由宇を使っている事前提の対策になる。
勿論、こちらのアシストも由宇一択である。

「ハリセン確定」と書いてあるポイントは、環の通常ガーキャン確定ポイントでもある。(環のガーキャンは発生11F)
どうしても由宇を使いたくない場合は通常ガーキャンでしのごう。


・ハクオロ
A風には最速ハリセン、B風には遅らせハリセン、C風には二段目にハリセンが確定する。
微妙に読み合いになっている点に注意。
相変わらず空中風、アルルゥ、アーマーに対しては厳しい駆け引きを要求される。

・カルラ
激砕にハリセンが確定。対空でガードという選択肢が増えたのはデカい。
レッパも基本的にハリセンが確定。
環が画面端に追いやられる状況でも、ほとんどの場合由宇がカルラの目の前のいるのでハリセン→ガンダッシュ立ちCが繋がる。

・トウカ
破月の弱体化により立ち回りがかなり楽になった。
破月地上ガード後は前ジャンプ二回転、空中ガード後は前ダッシュからコンボが確定する。
くぐられない限りはピョンピョン飛んでもローリスクなので、ガード仕込みジャンプで様子見が強いぞ。
トウカの小ジャンプ攻撃、C系統はハリセンがほぼ確定。
入れ込みワープ等で回避される事もあるが、相手側もリスクが高いので読み合いになる。

・アロウン
立ちBにハリセンが本命。
読まれている場合はキャンセル柔破やしゃがみBで潰されるが、勿論柔破やしゃがみBに対してもハリセンは確定するのでやっぱり読み合い。
立ちBに金剛を仕込んでいる時はコマンドの性質上他の技にキャンセルしにくいので、赤テンで2ゲージ以上ある場合等はハリセン狙い目ポイントである。

・モルガン
立ちCに最速ハリセンを狙いつつ、空対空JA、対空Aアイアンを狙う。
立ちCと対空ミス以外で事故る場所は無いはずなので、この二つだけはしっかり意識する。

・リアンノン
弱キャラと侮っていると痛い目に合う。
前作とは全く違う対戦になる点に注意。
相手の狙いは星辰の活用(ノーゲージでゲージ技が打てるようになる)を通し、B系統ヒット確認からアストラギガに繋ぐか、ガーキャンハリセンで距離を離す事。
テンション上げ&対空にもなる前ダッシュからの各種ジャンプ攻撃も強い。
対策としては、甘えた設置や強化技に対し恐怖もしくは前ダッシュを通し、ハリセンが確定しない初手で崩しに行くのが理想。具体的には立ちAと投げの二択。
ステラの弱体化により飛びを通しやすくなったが、ハリセンやしゃがみB対空から流れを持って行かれやすいので、地上で相手の動きをガン見してる方が安定しやすいかも。
前ダッシュはなるべく通したくないので(ハリセンが確定し辛い)Aアイアンか恐怖対空は必須。

・環
B系統以上はほぼハリセンが確定だが、対の選択肢としてキャンセルジャーマンがある。
小JCには毎回ガーキャンハリセンを当てつつ、スカシ二回転の距離にいないのがベスト。

・このみ
強敵。
アクティブハリセンによりスラ、しゃがみBのリターンが圧倒的に増え、昇竜とハンバーグに対するフォローもできる様になった。
また、スカし下段が強力なので無理にハリセンを狙おうとすると崩されまくって目も当てられない状況になる。
前作同様、事故待ち気味に立ち回りつつ、立ちCとスラにハリセンを狙う。ハンバーグも一段目に最速でハリセンできればほぼ確定する。
昇竜はバックジャンプやバクステでスカすとハリセンでのフォローができなくなるが、やりすぎると読まれやすくなるので、密着で昇竜ガード等の駆け引きも時には必要。

・愛佳
各種アイアン→Gペン重ねの後は前ダッシュで全対応になる。
バクステは見てから立ちAが確定し、超本棚は密着になっている為Cジャーマンで避けられる。

・マルチ
立ちBには最速ハリセンが確定。
潰す為にはモップを入れ込まないと駄目だが、このモップにもハリセンが確定する。(何に派生されても確定する)
差し合い、空対空共に向こうの方が強力なので、大人しくハリセン確定ポイントを待つしかない?
未だに良く分からない相手。

・ささら
新キャラ。地味にめんどくさい立ち回りをしてくる。
恐らくしゃがみA以外の全ての攻撃にハリセンが確定。
しゃがみC、立ちCに関しては恐怖が確定。
JCカウンター、中段のヘビスマ、バッシュ辺りが事故ポイントなのでしっかり画面を見る。
起き上がり速度がかなり速いので(恐らくアロウン、環の次)起き攻め時は投げコスりや暴れ等をしっかり狩りたい。
ダイダロスは一段目ガード後ダッシュ立ちAが確定。向こうのアシストが怖い場合は最速恐怖でほぼアンパイ。



キャラ対策終わり。
由宇追加によりほぼ別ゲーになったが、ゲージ管理が難しくこれはこれでかなり面白いと思う。
みなさんアクアパッツァをやりましょう。
終わり。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。