スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

a-cho 5on5

という訳でアチョーの大会に参加してきた。
チームは

インベ豪鬼 6豪鬼 のりやす豪鬼 小路ザンギ チャリブランカ

という、夢の豪鬼豪鬼豪鬼ザンギブランカチーム。


流石にこのチームはドリームすぎたのか0回戦をやらされる事になる。
0回戦の相手は

チバサガット めにんバイソン マイルドココア豪鬼 エートロサガット ハードMヤスダチュンリー

という、勝つ気しかないチーム構成の相手だ。


A筐体(なんか一番注目が集まる台)での対戦となった為、チームリーダーであるインベさんに先鋒で出てもらう。
開幕の大事な試合という事で、インベさんがどういうコンボミスをするかとワクワクしていたのだが、百鬼ミスのしゃがみ大キックとアパカのスカリに最大コンボ(大波動)以外はちゃんと動けてたっぽい。
そんなこんなで先鋒ヤスダさんチュンリーとチバさんサガットを倒す。

インベさんが中堅のバイソンに気が付いたら負けていたので、バイソンと言えば俺だろと言う事で出てみたら、割と普通に勝つ。
副将で出てくるは当然の様にエートロさんのサガット。
このサガットは以前ザンギ三兄弟を三タテしたという実績がある。

「カントナさん、この人どういう動きしてくるんですか?」
「えーと、うん、サガットや」

カントナさんの有難いアドバイスを元に、サガット戦開始。
途中まで動きが分からず苦戦したけど、昔見た動画を思い出してステハイだけ注意してりゃいいやと気が付いたので勝ち。
ザンギ三兄弟ありがとう。

大将で出てくるはマイルドココアさんの豪鬼。
めちゃくちゃやったら対応されだしたので、最終ラウンドで小足バニだけこすってたら勝ち。

という訳で

○インベ-ハードMヤスダ×
○インベ-チバ×
×インベ-めにん○
○小路-めにん×
○小路-エートロ×
○小路-マイルドココア×


やっぱりサガット豪鬼はザンギの仕事だね・・・仕方ないね。


0回戦が終わった後、ザンギ5対関西代表チームがやっていたので応援しに行く。
先鋒あーるえふさんかなーと思っていたら、MDRさんのルーファスだった。
露骨に被せにきやがって・・・

被せがそのまま成功し、ザンギ5を5タテ。
前の日記でルーファス戦は不利と書いたけど訂正やな。これ詰んでるわ・・・


続いてうちのチームの一回戦

上野リュウ てるちかダルシム アライバルログ バス犬ケン ミンミン!サガット


結果

○チャリ-てるちか×
×チャリ-ケンかサガット○
○のりやす-ケンかサガット×
○のりやす-ケンかサガット×
○のりやす-アライ×
○のりやす-上野×


のりやすさんの4タテで糸冬。
バルログ戦はゲージを4つ使った7割コンボでバルログ死亡。
リュウ戦は魂の中ゴスを魂の立ち食らいしてこれヤバイと思ったけどやっぱり勝利。



その後、斡旋で出ていたカントナさんと静岡最強さんの大将対決が行われていたので、急いで応援に行く。

「人間界では力が上手く使えぬが・・・仕方あるまい」
カントナさんが腕につけている重り(10kg)を外す。

遂に彼の最終奥義『ハブ式改』が見られるのだ。
同じザンギ使いとして興奮しないはずがない。

ブランカのローリングを立ちガードした。
今だ!ハブ式改!
歩き立ち大キックの暴発!
全然大丈夫!リスク無いよ!

ブランカのローリングを立ちガードした。
今だ!ハブ式改!
歩き立ち大キックの暴発!
二回もミスってる!大丈夫かこの人!?

ブランカのローリングを立ちガードした。
今だ!ハブ式改!
遠距離アトミックの暴発!
腕をダバダバあげて走っていくザンギエフ。
終わった・・・ウルコンで死亡だ・・・

と思ったらブランカのウルコンミス!
ラッキー!
その後カントナさんはハブ式改を狙わず普通に立ち回って勝利した・・・。



ブロック決勝

リクそんサガット えいた豪鬼 ナイキルーファス キグナスサガット Y24チュンリー


結果

○インベ-Y24×
×インベ-えいた○
×チャリ-えいた○
○のりやす-えいた×
×のりやす-キグナス○
○6-キグナス×
○6-ナイキ×
×6-リクそん○
×小路-リクそん○


俺がサガットに勝っておけば・・・・
くそー そんな訳で僕らのチームはブロック決勝敗退


その後は大会を見ずにラウンドワンとか移動してガチャガチャ。
5onはなんだかんだで楽しかったという結論に。
みなさんお疲れ様でした。
スポンサーサイト

梅園さん

あれは忘れもしない2月28日。
スト4全国の関西予選(アチョー)の日だった。


その予選には、えふてさん、どぐらさん、うめぞ・・・山田サガットというチームがいた。

先鋒山田サガットが負け、中堅(大将だったかな?)えふてチュンリーが出る。
事件はそこで起こったのだ。

えふてさんの相手はブランカ。
ブランカのローリングをえふてさんがジャンプ弱パンチか何かで潰す。
すると横で応援していた山田サガ・・・梅園さんが突然

「知識!!」

と叫びだした。

最初は気のせいかなと思い、僕はえふてさんの試合を見続けていたのだが、
ブランカにダメージを与える度に逐一梅園さんが「知識!!」と叫びだすので、これは流石に気のせいでは無いなと思い後ろを振り返ってみると、どくらさんとRFさんが爆笑していた。
どぐらさんに至っては「梅園さん、もう一回!もう一回言って下さい!」と煽る始末だ。


流石にそれ以降は梅園さんも「知識!!」と言い出す事は無かったが、この「知識」という単語は僕達の心の中に深い烙印を刻んでいった・・・




その後、関西予選の決勝で負けてしまった僕達は「チーム名が悪かった」という結論に至った。
それもそのはず、チーム名にカントナさんの名前が入っていたのだ。勝てるはずが無い。

ラストチャンスである次の岡山予選はどうしても勝たなければならない。
生半可なチーム名では勝負にならないので、僕達は梅園さんにチーム名を依頼する事にした。


「今回のキーワードは『知識』やな」

梅園さんの力ある言葉に僕達三人の胸が踊る。
一体どういうチーム名を考えてくれたのだろうか・・・

「チーム名はナレッジバーストというのはどうか?」

「ナレッジバースト?どういう意味です?」

「うん、知識ありすぎて爆発するとかそういう意味」


知識ありすぎて爆発するという物言いに、僕は流石に吹かざるを得なかった。
ナレッジバーストという厨二くさい単語とあいまって素晴らしいチーム名だ。
気に入った僕達はそのチーム名で最後の予選へと挑んだのであった・・・。






おまけ

この噂を知った僕の友達であるキャメイ君(なんかアルカナハートが強いらしい人)が、梅園さんにチーム名を依頼した。
彼は今年の闘劇どうしても勝ちたいらしい。

「キャメイ・ザ・ビーストかシャカシャカポテトでいいんちゃう?ほら、語感可愛いし」

シャカシャカポテト・・・
なんていいチーム名なんだ・・・
僕はこっそりそのチーム名を貰おうと思った。

カントナダイヤ

今から僕のカントナさんとの会話の記憶を頼りにカントナダイヤを書きます


リュウ 若干不利
ケン 五分
春麗 五分かちょい不利
本田 不利やけど最近差し返しできるからいける
ブランカ 大幅不利
ガイル 五分
ザンギ 引退
ダルシム 不利
バイソン ちょい不利
バルログ ちょっと有利
ベガ 気持ち有利
サガット 無理
ルーファス 0.5有利
アベル 6:4ぐらいで有利
ヴァイパー ヴァイパー有利
フォルテ そこそこ有利
ゴウキ 2:8不利



確かカントナダイヤでは有利キャラが5キャラだけだったのでこれで大体合ってるはず


とりあえず僕の意見としてはカントナさん強気すぎ
全国でみんな負けてるルーファスに有利は無いな
3:7ザンギ不利ぐらいが妥当
後はトルネードでダブラリと祖国を潰せるアベルも当然不利
ガイルは見た目的に不利
フォルテは生理的に無理

それ以外は大体同意かなー
グラマスだしある程度強気になってしまうのは仕方ないね

天啓

三日前くらいまで行く予定は無かったのだが、神のお告げがあったのでスト4の当日予選に行く事になりました。
行かない行かない詐欺してすみません。

当然の如くチームはうりょさんのりやすさん僕。
この三人で東京行くのかな~と思っていたら、何故かカントナさんが「本田の立ち大キックには差し返し行ける」と言ってきたので、カントナさんも連れて行く事に。
そしてやはり僕達には監督が必要だと思ったので梅園さんとも一緒に行く事になった。


「梅園さん、チーム名どうします?」
「天啓でいいんちゃう?」

という訳でチーム名は天啓になった。


本戦会場に着くと、半屋外と書いてあったのがまさかの全屋外で、薄着で来ていた僕達三人は死にそうになりながらも当日の受付時間を待った。
吉野家で待機していると、カントナさんが急に「俺は断食する」と言い牛丼をちょっと食べた後、その日一日中何も食べずにゲームしていたのはもはや伝説となった。


当日を一番乗りでエントリーし、近くのゲーセン(確かクラブセガ)でガチャガチャしていると、予想通りグラマスサガットが大量に湧いてきたので、のりやすさんをそこに残し僕とうりょさんで当日の結果を見に行った。

僕達のチームは当日の抽選を見事突破していた。まさに天啓である。


一回戦の相手はミゾテルさんブランカ、ハネヤマさんチュンリー、はなまるきさんサガット。
僕の相手に毎回ブランカがいるのは何故?と思いつつとりあえず先鋒で出る。
寒空の中、立ちながらプレイ、すぐ横に対戦相手、やたら遠いレバー、何故か家庭用、しかし練習一切できずという条件の中ザンギVSブランカが始まった。

非常に悪条件ではあるが、ザンギ使いにとってはむしろ有利すらあるので、これあるでと思いつつブランカと殴りあったがもちろん移動バニなんてできず、ローリングもやはり見えず死亡。
あと一歩の所まで行けたのが悔しい・・

中堅のりやすさんは、ブランカのジャンプ攻撃に昇竜出すどころかしゃがみ食らいして死んでしまう。

うりょさんは相当頑張ってブランカを倒してくれたが、続くチュンリーの小足になすすべも無く敗退。

こうして本当の本当に、僕達の全国は終わってしまった・・・
なんて事だ・・・野試合でサガット戦頑張ったのに・・・


本戦までは時間があるので、僕達は適当にゲーセンで野試合をする事にした。
クラブセガとヘイを適当に行ったり来たりしてガチャガチャ。
気が付いたらポイントが5000ぐらい増えてた。
ダルシム、ベガ、ごうき、サガットが多かったな~。


野試合を適当に切り上げて大会を見に行く。
この時カントナさんが大会を一切見ずに一生野試合をやっていたのは最早語り草となっていた。


僕が会場に着くと、ブランカがサガットのタイガーショットを避け続けてる光景が目に飛び込んだ。
これおもしれーなと思いつつ大会観戦。
しかし試合内容とは裏腹に周りは相変わらず寒い。
ホッカイロ買い占めておけばよかった・・・

その後お目当てのぱみゅ~さんやらあーるえふさんやらが活躍しまくっていたので、非常に満足して僕はゲーセンに戻った。
カントナさんはまだゲームをしていた。


梅園さんが帰りたそうにしていたので、僕達は帰路につく事に。
関東のゲーセンでほとんどの人に「コジさん」か「コジコジさん」と呼ばれ僕の怒りは有頂天に達しそうになっていたが、梅園さんが冷静に理由を教えてくれた。

「なんかすとらいくさんがコジコジって言ってたけど、ちゃんと小路(こうじ)って読む事は知ってたで」
「ええ?じゃあなんでこうじって呼んでくれないんですか?」
「コジコジの方が言いやすいらしい」

なん・・・だと・・・


こうして僕達の関東遠征は幕を閉じた。


うりょさんのりやすさんお疲れ様!
組んでくれてありがとうございます!

ぱみゅーさん飛翔さんMDRさんお疲れ様!
強かったし持ってた!チーム名も天地魔闘やしヤバかったっす。

あーるえふさん金デヴさんももちさんおめでとうございます!
サガットごうきルーファスはいいチームですね!知ってた!


やはりこのゲームが面白い事を再確認できたいい全国大会だった。
次は結果を出せる様に頑張ろう。
闘劇に向けてやり込むぞー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。