スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイガー コンボとか

僕が使ってるコンボ


・空投げ後
ちょい歩き2B2Cコレダーが全キャラ安定
JCやJ2C入れたり歩かなかったりすると微妙にキャラ限になったりするからこれ一択にしてる
空投げの高度が高すぎると怪しいかも

・スパークコンボ
基本画面端維持かどうしても磁力つけたい場合にしか使わない
代表的なのは画面端で適当→コレダーが当たった時
とりあえずスパークで追撃して2Cコレダー→Bスレで画面端起き攻めが超強い
画面端Bスレ後はガジェよりもJBか2B重ねる起き攻めの方が強い

・磁力が無い時のコンボ
ライチツバキハザマノエルラムダにはコレダー→めっちゃ前歩きちょい溜めコレダー
ラムダはどうしても逃がしたくないのでさっさとBスレガジェでもいい
若干ハザマが難しい気がするが多分気のせい

・磁力が無い時のコンボ ちょい歩きJB編
コレダー→ちょい歩きJC移動→JB→立ちC→コレダー
キャラ限です

難易度は
アラクネ>ハクメンテイガー>レイチェルタオカカバング>>ラグナ>>>ジン

体感こんな感じ
アラクネハクメンテイガーは歩かなくても拾えるはず
アラクネはダウン時の食らい判定がデカすぎて、JBを高めで拾いすぎると続く立ちCが連続ヒットしない場合があるので注意

ラグナ以降は筐体によっては安定しにくい
ブレイブルーの筐体は青ビュー赤ビュー通常筐体とあって、最大で3~4Fの遅延があるらしい
ジンはJBをほぼ最低空でやらないといけない為、地元のゲーセンで成功しても他のゲーセンでは全くできない、と言った事があるはず
なのでジンには無理をせずにBスレガジェで妥協しても全然いい

ただこのコンボはダメージがやたら高いので、ラグナタオカカ辺りにはしっかりと決めたい所
大会以外は毎回狙う気持ちでやった方がいいかもね
大会はもちろん安定コンでw



ネタ

・しゃがみC仕込みしゃがみB
タタンという感じで仕込む。これでしゃがみC暴発を防げる
基本だが割と誰もやってない

・コレダー→前Cアストラル
画面端以外まず受身を取られる

・ガリレオ式
テイガー同キャラで猛威を振るう
適当→コレダー→前Cハイジャンプ→降り際にJD
やってみると超強いのでみなさんお使いあれ

・超ガリレオ式
ジェネヒット→一瞬待ってジェネ
後ろ受身をしていた場合相手は死ぬ
スポンサーサイト

マゴサガット

適当にテイガーのコンボの事でも書こうかと思っていたけど、昨日今日にかけてマゴさんがアビオンに来てくれたので普通にゲーセン日記を書こうと思います。

結果から言えば二日間通しての僕対マゴさんの戦績は1勝20敗ぐらい。
最初の方に「あれ?これ割と行けるかも?」って思ってたら後半になるにつれ全く勝てる気がしなくなってきた。
しかしカントナさんが全体的にいい勝負をしていたので、見習う部分が多かった。
とりあえず垂直ジャンプはあんまりいらないかな。後はニーに命を賭けてバクステ→スクリューだな。
ニーにEXバニやらダブラリとか無理。もう無理。

ザンギVSサガットと言えばしょーもないアパカかステハイかニーを食らって負けるゲームだと思ってたけど、マゴさんはそういうしょーもない行動をほとんどせずにキッチリ対策で殺してきた感じだった。
強すぎるし勝てないけど、それでもやってて楽しいといういいサガットだった。
ポイントいっぱい減ったけど全然満足。また対戦したいね。


僕以外でマゴさんに乱入したグラマスは
カントナさん
6さん
のりやすさん

だけだったと思う。
ザンギ二人と豪鬼二人とか大阪も偏ってるな~w
まぁ明日はうりょさんとチャリさん辺りが現れてくれる事でしょう。
僕は行けないけど・・・・・・
ちなみにマゴさん相手に一番いい勝負をしていたのは50円さんのフォルテでした。
フォルテ最強あるでこれ



しかしマゴさんと喋って一番印象的だったのは、マゴさんが僕の事をちゃんと「こうじさん」と言った事だね。
関西勢以外はもちろん、ザンギ使いにすら「コジコジさん」か「コジザンギ」としか言われた事の無かった僕にとって
これはマジで感動の出来事だった。
高田馬場ビッグボックスで乱入するたんびに「コジコジや!」と向こうの台から聞こえてきたのはトラウマだったな~。


まぁそんなこんなでそろそろ眠いので日記を書くのを終わります。
次回は冒頭に書いた通りテイガーのコンボでも書きますね。
後、「小路KOG」は「こうじ けいおーじー」と読んで下さい。
終わり 

ザンギネタ

では最初の日記という事でザンギのものすごいネタから書いていこうと思います。
そのネタの名は『ハブ式』と『ぺロ式』です。

これはzero3で超有名ザンギ使いであり、スト4でもザンギ三兄弟の長男だか次男だかで名を馳せているあの方が開発されました。
そう、立ちスクリュー王カントナさんです。

カントナさんには様々な呼び名があります。
CANTONAさんだったり、監トナさんだったり、ナントカさんだっり、キャンセラさんだったり、CANTONさんだったりします。ここでは面倒くさいのでカントナさんで統一します。

そんなカントナさんが開発した『ハブ式』と『ぺロ式』ですが、このあまりにも危険なネタをどうやって世間に伝えようかと思案していた所、「うん、とりあえずブログにでも書くか」という軽い理由でできたのがこのブログです。
つまりこのブログはカントナさんのお陰でできたと言っても過言ではない訳ですね。
ありがとうカントナさん。


では、前置きはここまでにして肝心の『ハブ式』と『ぺロ式』の説明から参ります。
この記事を読んだザンギ使いの方はきっと明日にはBPが20000ぐらい増えている事でしょう。


・ハブ式
主にブランカ戦で使います。
ブランカのローリングを立ちガードした後、少し前に歩き、立ち大キックの出始めをキャンセルしてEXバニを出します。
すると、何と!ブランカの着地にEXバニが確定するじゃありませんか!!!

はい、ただの移動バニですね。
ここまではザンギ使いでなくとも知ってる方が多いと思われます。
しかしハブ式の本領はここから発揮されるのです。

まずブランカのローリングを立ちガードします。そして一瞬だけ前に歩きます。
ここまでは一緒です。
問題はここからで、まず大キックのボタンに親指を置きます。
そして中パンチに人差し指、大パンチに中指を置きます。
できましたか?
準備ができたら、親指→ズラし人差し指中指と押してください。
そう、この手の形がまるでハブみたいではありませんか?

移動バニシングをハブの様に入力する・・・これが『ハブ式』の正体です。
ハブ式の利点は三割ぐらいの確率で立ち大キックが暴発して、カントナさんミスってるわ~と笑いが起こる点ですね。
逆に欠点は、音がでかいゲーセンでハブ式ハブ式と連呼しても、「え?cab式?」と、何言ってんのこいつみたいな感じでうりょさんが冷ややかな視線を送ってくるぐらいでしょうか。

リターンが大きく、リスクが少ない。
まさにヤリ得っていいよなというネタですね。
みなさんもブランカ戦では是非ハブ式を使いましょう!
僕はやりません。


・ぺロ式
豪鬼戦で使います。
まず、豪鬼にEXバニか何かでダウンを奪います。
すかさずボディで起き攻めをする訳ですが、この後豪鬼は安定行動の阿修羅で逃げていってしまいますね。
しかし!ここでボディをする時にガチャガチャパンチボタンを押しているだけで、阿修羅が出たら弱バニで追いかけ、
ボディをガードされたら択を仕掛けられるというとんでもないネタが・・・!

はい、ただの仕込みバニですね。
仕込みが強いゲームなので、別にザンギどうこうじゃなくともみんなやっているネタだと思います。
しかしぺロ式の本領はここから発揮されるのです。

まず豪鬼にボディをします。その際レバーはガチャガチャしています。
ここまでは一緒です。
問題はここからで、ボディを重ねるタイミングを少し遅らしてください。
真上で出すのではなく着地ギリギリで出すのですね。
その時も左手は常にガチャガチャしておいて下さい。
そしてボディが出た瞬間、弱パンチを押して下さい。

そう、ぺロっと押して下さい。

これが『ぺロ式』の正体です。
ただバニを仕込むのでは無く、強パンチから弱パンチにぺロっとずらし押しするのがコツです。



以上で『ハブ式』と『ぺロ式』の説明を終わります。
いかがでしたか?
少なくとも豪鬼とブランカには有利をつけれる様な気がしてきませんか?

カントナさんは隙を見てハブの手でリアルに襲い掛かってくる時がありますが、それは大事な仕込みのタイミングを忘れない為だと僕は解釈しています。
グラマスザンギがこうまでして頑張って編み出したネタ・・・
みなさんも使ってみてはどうでしょうか?
僕は多分使いません。

ブログ始めました

今日は眠いから明後日ぐらいから書こうと思います。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。