スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T.ホークでNWM7 (PART3)

4月25日
7時間近く寝れてスッキリ、体調も完全によくなり最高の目覚め。
ホテルに備え付けの朝食を取り3人は再び会場へと向かいます。
今日は観光一切ナシ、一日中大会となります。


会場の様子
招待枠でありたった3人の日本人選手ということで、メインモニターで試合をする事が多かったです。
大きな舞台はやはり緊張を隠せないですねw

会場
メインモニターからの景色がこちら。↑

ブレイブルー、ギルティの予選は奥にある階段を登って二階の部屋。
ウル4と同じくらい参加人数の多いスマブラの予選は右奥の別室で行われました。





動画の最後の方でJustin Wong(ジャスティン)と初会話をしています。
ゲマビやインフィルの時もそうだったのですが、海外勢は初対面でもやたらと気さくです。
「海外遠征楽しい!」と思わせてくれる理由の一つでもありますね。



大会開始!
いよいよ大会が始まります。3人の参加している種目は以下の通りです。
小川さんはギルティギアイグザード。
どぐらさんはギルティとウル4とブレイブルー。
僕はウル4とブレイブルー。
初日はベスト8まで決めて終了です。
結果は・・・

小川さん→予選抜け
どぐらさん→ギルティとブレイブルーは予選抜け、ウル4は敗退。
僕→両方予選抜け

となりました。

どぐらさんは惜しくもプール準決勝辺りでフォルテにルーザーズに落とされ、その後のルーザーズでホークにやられ敗退。
ホーク使いの名はNativeImpact
後でスティーブから聞いた話では、僕の動画をかなり見ている人との事ですw

どぐらさんのウル4以外は3人ともそれぞれ全てウィナーズで勝ち残り。
最終日に向けてテンションが高まります。


サイドトーナメント
メインの大会終了後はサイドトーナメントが開催されました。
サイドといえど賞金はキッチリ出ます。ガチです。

こちらも結果から先に書きます。

ギルティギアACPR→小川さんとどぐらさんのチームが優勝
KOF13→僕即死w
ブレイブルー最新バージョン→なんか途中で大会終わったw

地味にブレイブルーはどぐらさんとチームを初めて組んだという事実もあり、かなり優勝したいという気持ちが強かったのですが、
参加者のほとんどが別ゲーの予選に出ていた(主にギルティ)ため、時間がブッキングしまくって途中で大会が消滅しましたw
ブレイブルー最新バージョンの家庭用が発売されたのはこの大会の2、3日前という事も関係しているかもしれません。




メイン、サイド共に終了し本日の予定は全て終了。
次回、T.ホークでNWM7 (PART4)。
明日はギルティ、ブレイブルー、ウル4のベスト8から始まります!




おまけ
会場内での昼食
ハンバーガー

ピザ

いや、本当にね、
米が恋しくなるんですよ・・・マジで。
スポンサーサイト

T.ホークでNWM7 (PART2)

4月24日
時差の関係で日付は変わらず。
朝10時50分にシアトルの空港へと到着しました。

download.jpg
海外慣れしているどぐらさんと違い、僕と小川さんはグロッキー。
満足に寝る事も出来ず、少し体調を崩したまま空港内で休憩を取る3人。


ほどなくしてAntonsteveが迎えに来てくれました。
どちらも前回のEVO日記で登場しています。
Antonとは少し前に梅田のモンテカルロで会っているのですが、steveと会うのは約8ヶ月ぶりです。

軽く挨拶を済ませ、Antonの車で一同はホテルへと向かいます。




ホテル
こちらが、僕達3人が泊まるホテルになります。



チェックイン後は部屋の中で充電しつつ全員でお喋り。
その様子も動画に撮っています。



時間は正午を過ぎた頃。
大会までまだまだ時間があるので、当初の予定通り観光に行く事になりました。
残念ながら小川さんは体調が芳しくなく、ホテルで一人休養を取る事を選びました。
よって、小川さんを除く4人でホテルを後にし、日本には無い色々な地へと赴きます。



まずはチャイナタウン


動画を見てもらえば分かる通り、チャイナゲート以外はそんなに中国っぽくないですw
個人的には時計塔=爆破されそう、という(誤った)イメージをどぐらさんが即拾ってくれたのが嬉しかったですね。
僕の脳内だとコナンや古畑等が連想されましたが、他にも「爆破される時計塔」という元ネタはたくさんありそうな気がします。


ラーメン屋

さすがチャイナタウン。
まさかのラーメン屋があります。
わざわざアメリカまで来てラーメンを食べるというのもオツな感じですよね。


味や雰囲気は動画内にてお楽しみください。




スタバ

最後はスターバックス一号店です。
日本のみなさんも馴染みの深い店だとは思いますが、一番最初のスタバ発祥店はここ、シアトルだった様ですね。

スターバックス一号店でしか買えない物がたくさんあるらしく(というか、ここで売ってる物はほぼ全てがそうらしい)
「限定品」という言葉に弱い我々日本人は、とりあえず売っている物を適当に見繕って購入しました。
タンブラーやら何やら色々買ってしまったんですが、冷静に考えて日本で使う場所は限られてくるので、この日記を更新している今現在、押入れの中で眠っていますw


Northwest Majors VII(NWM7) 会場へ

ひとしきり観光を終えた後、一旦ホテルに戻り、すっかり体調も回復した小川さんを回収。
その足で大会会場へと向かいました。


image1(1).jpg
今回の遠征のメイン目的である、格闘ゲームの大会会場風景です。


まずはエキシビジョンマッチから開始。
僕とヴァイパー使いであるFawwazとの5先マッチです。
ヴァイパー使いには色々なタイプがいて、多種多様な戦法を取ってきます。
Fawwazはヴァイパー使いの中では珍しく攻めっ気がそれほど強くなく、セイスモキャンセルで対空待ちをする、いわゆるカシャカシャヴァイパーでした。(セイスモキャンセルがめっちゃカシャカシャなるからこう呼ばれていますw)

大阪にはヴァイパー使いがたくさんいるので、このタイプのヴァイパーとも対戦経験の多い僕は割と早めに対応する事ができ、
なんとか5-2で勝利をもぎとる事が出来ました。
大阪のヴァイパー使いみんなありがとー。


続いてウル4の3on3
僕とどぐらさんでチームを組みつつ、後一人探してたらそのままの流れでFawwazと組む事に。
昨日の敵は今日の友!w

結果としては準優勝でした。
この日は僕の調子が悪く、せっかくチームメイト2人が頑張ってくれたのに色々と不甲斐ないプレイをしてしまって本当に申し訳なかった。
優勝チームのみ賞金が出る、という話も聞いてよりいっそう悔しくなりましたw

これにて今日のイベントは全て終了し、会場を後にして一同はホテルへ戻ります。
ホテルでは全員がしっかりと眠る事ができ、七時間睡眠後に起床。体調も万全です!


次回、T.ホークでNWM7 (PART3)。
いよいよ本番!
ウル4、ブレイブルー、ギルティギアのシングル大会が始まります!




T.ホークでNWM7 (PART1)

みなさんお久しぶりです。小路KOGです。
僕にとって人生初の海外はEVO2014でのラスベガスでしたが、2回目の海外はアメリカ西海岸有数の世界都市、シアトルでした。
今回はそこで行われた大規模格闘ゲームイベントNorthwest Majors 7(略してNWM7)についての日記を書こうと思います。

まずは記事を読む前にこちらの動画をご覧下さい。


動画の中で僕が言っている通り、今回の海外遠征は暇があればビデオカメラで撮影しています。
このブログを見ている人のほとんどがそうだとは思いますが、基本的に格闘ゲームの大会の為に海外に行った事が無い人へ向けての動画になります。

日本語喋れなくても大丈夫?向こうでの待遇は?どんな物食べるの?泊まる場所は?
そして何より海外でのゲームの大会って、日本とどう違うの
そう言った疑問に答えられたらと思い、今回の大会(&旅行風景)の様子を撮影してまいりました。

この記事では計3つの動画を紹介します。
全部で15個ぐらい紹介する予定ですので、後日のブログ更新も楽しみに待っていて下さい。


4月24日
飛行機に乗る際、空港には3時間前到着が基本との事。
14時出発の便に乗るため、僕は11時に伊丹空港に到着。
そこでモスバーガーで朝食を済ませている最中のどぐらさんと合流しました。

今回、NWM7に出場する日本人は3人。
僕、どぐらさん、小川さんです。3人とも「NeoGAF」というチームの招待という形でシアトルに遠征します。
大阪に住んでいる僕とどぐらさんは一旦伊丹空港から東京の成田空港まで向かい、そこから小川さんと共にシアトルへ出発する手筈になっています。


フライトの時間までたっぷりあると思いきや、意外と手間取りギリギリになるのが空港です。

まずはwi-fiのレンタル
EVOの時の関西国際空港ではすんなり行けたのですが、今回の伊丹空港では電話予約した際、色々情報の行き違いがあったのか、何故か北ターミナルと南ターミナルを行ったり来たりさせられました。

downlわいふぁい小
一時間以上かかって借りる事が出来たwifi。
デカすぎて持ち運びに超不便w



次にドルと円の両替
こちらも関西国際空港では専用の両替所があり、かなり分かりやすい説明を受ける事が出来たのですが、
伊丹空港ではなんとコンビニと両替所が合体してました
早い話がコンビニのおばちゃんが円をドルに替えてくれる感じです。絵面がヤバい。
幸いコンビニでの清算よりもドルの両替の方を優先してくれたのでそこまで時間はかからなかったのですが、
横にめちゃくちゃ人が並んでいる中、悠長にレートがどうのこうの話する余裕は無かったので、かなりせわしなかったのは間違いないですw

500ドルほど両替で手に入れた後、どぐらさんの煙草に付き合う為、一旦外へ。
この後は荷物を預けたり、チケットを貰ったりといわゆる搭乗手続きを済ませます。
人がたくさんいて混んでいる場合がほとんどなので、ここで時間を取られる事が多いです。

EVOの時もやってしまったのですが、保安検査(セキュリティーチェック)を通る際にチケットが見当たらないというアクシデントがありました。
ただ単にパスポートの中に挟んでしまっていただけだったのですが、空港という慣れない土地では「やべぇ、失くしちゃった!」と焦ってしまうものなんですよね。
ここらへんのミスは海外遠征しまくれば無くなるものかもしれませんねw


そんなこんなで搭乗口には出発約1時間前に到着しました。
ここでしばしの休憩を取りつつ、時間が余ったのでどぐらさんを取材します。



これまた動画内でも言っていますが、どうやら小川さんが時間ギリギリに成田空港に到着するとの事。
僕とどぐらさんは伊丹から成田の国内線なのでそこまで多くの手続きは無かったのですが、小川さんは成田からシアトルのいわゆる国際線なので、面倒な手続きが多いはずです。
小川さん、本当に大丈夫なのだろうか・・・?


成田空港
伊丹から成田へは約一時間で行けます。飛行機速い!
僕とどぐらさんは伊丹の方である程度手続きを済ませていたので、成田からシアトルの搭乗口まですんなり行く事が出来ました。出来たのですが・・・

なんと小川さんから16時に成田空港に着くとのメールが来ました。
成田出発の便は17時です。冒頭で空港には3時間前到着が基本と書きましたが、海外へ行くのが初めての小川さんが1時間前到着でしかも国際線。どう考えても厳しい状況です。

なので僕とどぐらさんで道行く空港の職員さんに「16時に僕達の友達が来るので、最速で搭乗口に来れる様になんとかしてください!」的な事を言いまくりました。
その結果・・・


なんとか間に合う事が出来ました
余裕そうに見えますが、実際搭乗15分前とかそんなレベルです。マジでギリギリでした。
何はともあれ、日本人3人で無事(?)にシアトルへと旅立つ事が出来ます。
いや、本当に良かった・・・0回戦敗退とかシャレになってないからね・・・


シアトルへは飛行機で約9時間の旅。
時差が16時間あるので、向こうに着くのは夜中ではなくお昼前になります。

手とリス
飛行機の中ではなんとゲームが!
テトリスや麻雀ゲーム等でかなり時間を潰せました。
映画は「パシフィックリム」「ダイ・ハード」を視聴。
個人的にEVOの時より快適に飛行機の中を過ごせました。


そんなこんなで現地時間、朝10時50分頃、シアトルへと到着致しました!
人生二回目の海外!
ワクワクがとまらない所で次回に続きます!


次回、T.ホークでNWM7 (PART2)。
主に観光がメインの回になります。
夕方からは大会会場でウル4の3on、僕のエキシビジョン5先、そしてフィリピーノチャンプとのマネーマッチがあったのですが・・・
全部記事にするかはまだ考えていません!w
気長にお待ちください!

T.ホークでEVO2014 (5日目)

・7月13日
お昼前に起床。
死ぬほど喉が痛い・・・
後、多分熱もある。

僕はたまにいる「クーラーを点けながら寝ると体がダルイ状態で目覚める」タイプの人間です。
約五日間、クーラーがガンガンに効いた室内で過ごし、なおかつやたらと乾燥した空気が蔓延するアメリカの大地では、僕の体調が悪くなるのも時間の問題でした。

不幸中の幸いで、体調が悪くなったのは最終日。
集中力を使う格ゲーの大会はありません。(負けちゃったから)
喉スプレーや風邪薬等を駆使し、体に鞭打って予定を消化していきます。

まずはTwitch組でランチを取りににレストランへ。
生まれて初めて「ボンゴレ」と呼ばれる料理を食べました。
アメリカにいる間は肉とピザとハンバーガーしか食べていなかったので、サッパリした物が食べられたのは非常に嬉しかったです。というかなんか懐かしかったです。初めて食べたのに。

その後はレストランのすぐそばにあるショップでお土産を購入。
家族の分と職場の分とゲーセンの友達の分と。
余談ですが、ゲーセンの分は一週間後ぐらいに大阪のタイトーステーションであった「トパンガ番付」で配って一瞬で無くなってしまいました。

お土産を買い終えた後はEVOの会場に戻り、決勝を観戦。
その場にいた面子で優勝予想をするも、ローズ優勝を当てた人は一人もいませんでした。

EVOの全日程が終了した後は、近くのBARでTwitchパーティが行われました。
お酒を飲みながらみんなでワイワイゲームを楽しむというものです。
その際、僕とXiao Hai(シャオハイ)との三先エキシビジョン等が行われたのですが、お酒も入っているとの事でマネーマッチにはならず。
この時、会場にあったレバーがいわゆるナスレバーしか無かった事もあり、全力で対戦できたとは言えない内容になりました。シャオハイには悪いことをしてしまった。また対戦したいな。

宴もたけなわの深夜三時頃、よっさんが急に真面目な顔してマネーマッチをしたいと言い出しました。
そう、彼はアメリカにいる間、Laugh(ラフ)の殺意リュウとかなりの数のマネーマッチをこなし、結構負けていました。(多分100ドル近く)
僕やあくあさんに比べると稼ぎが少ないのは明白です。
Twitchパーティをこっそりと抜け出し、僕ら3人&kimでマネーマッチ部屋へと突撃しました。

この時点で体調の悪さはかなりヤバイものになってたのですが、さすがゲーマーだけあって対戦にそこまで支障は出ませんでした。
この日の戦績は全勝と、体調の悪さとは裏腹にゲームの調子はかなり良かったものになりました。
朝5時頃、よっさん対Smug(スマッグ)の5先を見届けた後、僕はEVOホテルを後にしました。

よっさんやあくあさんはいわゆる関東組ですが、僕は一人だけ関西組なので彼らとは空港のフライトの時間が違います。
一人で日本に帰るとか無理ゲーだろ・・・とかなり不安になっていたのですが、たまたま大阪勢であるシンバさんが全く同じ便の飛行機を取っていたので、一緒に行く事に。
シンバさんは英語も喋れるので非常に助かりました。感謝!

VicやJayceと言ったTwitch組全員に挨拶を済ませ、僕とシンバさんはタクシーに乗り込みました。
ラスベガスの空港でこれまた偶然同じ便を取っていたsakoさんと遭遇。
sakoさんとシンバさんと僕でご飯を食べるという凄まじい構図が出来上がりました。


・そしてサンフランシスコから日本へ
死ぬかと思いました。
五日間の疲れがタップリと溜まっており。喉の痛さはマックス、熱もある、座席は真ん中、機内は寒い、映画はやっぱりロボコップしかない、10時間のフライトと踏んだり蹴ったりです。

日本に着いた後は意識が朦朧としていて、途中でakikiさんに会った様な気もしましたが、ろくに挨拶もせずに帰宅してしまいました。(akikiさんごめんなさいw)

家に着いた後は当然、体力の回復に専念しました。
思った以上に熱が出ていて、なんだかんだで完治には4~5日程かかりました。
初めての海外だからね、仕方ないね。


以上で、EVO日記は終わりです。
やはり海外遠征には薬は必須ですね。身をもって体験しました。
これからしばらく海外に行く予定はありませんが、また来年あたり、機会があれば行きたいなとは思っています。EVOは本当に楽しかったしね。


最後に。
お世話になったTwitchのみなさん。
色々助けてくれたシンバさんanton
そしてEVOで絡んでくださった皆様、

本当にありがとうございました!



T.ホークでEVO2014 (4日目)

・7月12日
起床時間、朝6時。
KOFの予選が8時から、ブレイブルーの予選が10時からなので、昨日までの溜まった疲れをなんとか跳ね除けこの時間に起きました。
昼からアルカプの予選に出るあくあさんや、特に予定の無いよっさんは当然まだ寝ています。
なので一人でEVO会場まで歩いて行きます。

会場に到着してさぁ試合するか!
と、意気込んだ瞬間、ようやく自分が全くの手ぶらである事に気が付きました。
よく見たらKOFはXbox、ブレイブルーはPS3で大会が行われるんですよね。
常識的に考えて最低2つのアケコンが必要になる訳ですが、徒手空拳で来ている僕の空気の読めなさが割とMAXで焦りました。
ここで助け舟を出してくれたのが日本語の出来る外人Anton
そこら辺にいる暇そうにしている海外勢の方々に片っ端から英語で話しかけてもらい、アケコンを貸してもらうという戦術です。
作戦はすんなりと成功し、無事に2つの大会に参加する事が出来ました。感謝!

・KOF13CL
・一回戦
僕の使用キャラは炎庵、ライデン、バイス。
相手の使用キャラは例によって忘れてしまいましたw
何気に暴発がかなり多いゲームなのですが、椅子置きのおかげでミスもほとんど無く勝利する事ができました。

・二回戦
爪庵、大門、ロバートという謎のチーム。
明らかに日本では売ってなさそうなデカいアケコンを所持していてのっけから不安を感じさせた。
その予感は的中し、大門の立ちB入れ込み発動コマ投げネオマとか食らって大将対決までもつれこんだ。
しかしこちらのバイスはゲージMAX、一発当てたら勝ちだ。
ここで待望のジャンプ吹っとばしがヒット!勝った!
「そぅ~れ」
ん?なんすかその技?気を取り直してもう一度。
「そぅ~れ」
おかしい。EXディーサイドが出ない。バイスにとってのEXディーサイドはユンにとっての雷撃ぐらい重要な技なので、これが出ないとバイスの存在価値が無いまである。
そして僕は何度かコマンドを入力してよううやく過ちに気づきました。
これ、ボタン設定間違えてる・・・
具体的には、キックボタン同時押しをキック一つ押しのままにしていたという感じですね。
庵とライデンはキック同時押しを使うことがあまり無いので、大将のバイスまで来て初めて気が付いたというオチ。
完全に自分が悪いので、今更抗議する気にもなれず龍虎乱舞食らって終了。
ルーザーズへと落とされました。

・三回戦
表京、炎庵、キム。
今度はしっかりボタンを確認して勝利。

・四回戦
キングとかの怪しいキャラ軍。
全く対策知らんかったけど、後ろにたまたまいてくれた猿さんのアドバイスのおかげでギリギリ勝利。
対策教えてくれてありがとー

・五回戦
カラテとかキム。
普段日本で対戦する機会が多いので、強キャラは逆にやりやすかった。

・六回戦
さっき負けた爪庵大門ロバート。彼もルーザーズに落ちてきた様だ。
死ぬほど念入りにボタンチェックを行い二度目の対戦。勝利。
二回戦の時点でボタンミスが無ければと思うと・・・結構勿体無い事をしてしまった。

これにてプール抜け。
時系列的にはこの後すぐにブレイブルーの予選が始まり、その後にKOFのセミファイナルだったのですが、先にKOFの結果を書きます。

・七回戦
プールを抜けた先に待ち構えていたのは関東勢のパムさん
つい先日日本で行われた新人戦の優勝者であり、今やテンプレと化している庵カラテキムをほぼ初期の頃から使っている方だとか。
瞬殺されました。


・ブレイブルー
・一回戦 アラクネ
気を取り直してブレイブルー行ってみましょう。
初戦からいきなり凄まじいキャラです。中間距離でおもむろにスラを打ってきたので、こちらもなんとなく空投げスカ→着地二回転等で対応。幸先のいいスタートを切れました。

・二回戦 ハザマ
うおおおおおおおおおおお!Bスレッジ!!

・三回戦 アラクネ
大会の時にアラクネ多い説は本当だった。日本での対戦経験の多さが効いて勝利。

・四回戦 ココノエ
lord knightと呼ばれているプレイヤー。
ココノエとの対戦経験がほとんど無かった事もあり、ボラれた感満載のやられ方をして敗退。
後、全く関係ないけど、負けた直後にツイッターでフォローされました。
日本人みたいな立ち回りしてくる人です。厄介。

・五回戦 バレット
うーん、まあここら辺でAドラかな・・・って感じに暴れたら大体通った。


KOFと同じくルーザーズでプール抜け。
余った時間は1000円近くするハンバーガーを食べながら300円近くするコーラを飲んでました。

・六回戦 レイチェル
うおおおおおおおお!カボチャ来そうな所でAスレッジ!!

・七回戦 ココノエ
関東勢の人らしい。今度はセコンドにどぐらさんが付いてくれてたので、ロードナイト戦の時よりはだいぶいい動きが出来たと思います。
頑張った末勝利を掴む。

・八回戦 レリウス
F式からODで母回復、もう一回F式食らって終わりという実に清々しい負け方をしました。
やっぱデカキャラはこういう死に方をしないとね・・・うん・・・環って本当にスゴイキャラだったね・・・


そんなこんなで、両方のゲームでそこそこ勝ち進んだものの、特に配信に映ったりする事はなく、僕のEVOは完全に終了しました。
時計は午後18時を指し、疲れが限界へと到達していた僕は部屋に戻り泥の様に眠りました。

僕が起きた時間は深夜にさしかかろうとした時で、丁度その頃、Twitch組でマジックショーを見に行ってたよっさんとあくあさんが部屋に戻ってきました。
三人で何故かパズドラのゴッドフェスを回した後、僕がこっそり日本から持ってきたインスタントラーメン「豚キムチ」をみんなで仲良く食べてこの日は終わりました。


次回、T.ホークでEVO2014 (5日目)。
最終回です。
信じられないほど体調が悪い状態からスタートし、飛行機の中で死にそうになってた話がメインになると思います。
お楽しみに!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。